居酒屋を開くために注意するべきこととは?

居酒屋開業を成功させよう

開業する為のコンセプト

ここでは居酒屋の開業にあたって必要な手続きや資格など、成功のためには何が必要か説明します。
まず、最初に居酒屋のメリットってなんだと思いますか。
居酒屋のメインはお酒です。
お酒は、お客様へ簡単に提供できるうえに利幅が大きいです。
それと簡単なおつまみも利益率がいいものが多いので、居酒屋は比較的利益を上げやすいです。
お客様は、帰るときに会計をされるので回収できない不安はないでしょう。

こんな居酒屋ですが、必要な資格と手続きがあります。
開業には、飲食店営業許可を得なければいけません。
この許可を得るためには、まず食品衛生責任者を決める必要があります。
調理師免許や栄養師免許などの資格を持った人や、専門のセミナーを受けた人が食品衛生責任者になることができます。
その上で、許可を得られますが、許可については店舗内デザインや厨房などチェックが入るので、内装工事前に保健所に相談しながらすすめるといいでしょう。

また、居酒屋なので営業時間も気をつけてください。
午前0時を過ぎても営業を続ける場合は、深夜酒類提供飲食店営業の届けを、店舗を管轄するエリアの警察署に行う必要があります。

他には、収容人数が30人以上の店舗を開業する際は防火管理者が必要です。
指定された講習を受講することでOKなので、管轄の消防署に届出をだしましょう。

次に成功させるために何が必要か簡単に説明します。
それは、コンセプトです。
お客様は、最初は外観を見て、次に内装を目にします。
内装はコンセプトに沿って仕上がっていきますので、開業前にコンセプトをしっかり持って、どういった客層がターゲットなのか、お客様に来ていただける店とはどういうものなのかなど、予算と希望を考えて細かく打ち合わせが必要でしょう。

↑ページの先頭へ