居酒屋開業を成功させよう

居酒屋開業のときに注意すべきこと

ターゲット・ポジショニング

ターゲットから説明します。
開業する居酒屋は、どのお客様をメインに考えるかです。
様々なお客様に愛されるお店は理想ですが、実際お客様は絞られてきます。
どのような方が、自分の店舗に来店してくれるのか整理する必要があります。
整理する方法としては、年齢・性別・収入・職業・家族構成・来店時間など考えてみましょう。
高級料亭と居酒屋だとターゲットの収入に違いがありますよね。
牛丼屋をとっても、個人客メインか家族層も重視かで店舗の作り方も変わってきます。
なので、居酒屋開業にあたっても、どのターゲットが多く集客する店にするのか考える必要があります。
次のポジショニングですが、ポジショニングとは、お客様にとって、開業する居酒屋がどういう位置づけになるかという事です。
お客様が、ご来店されるイメージをしてどういうときに利用してくれるかを考えるとわかりやすいでしょう。

価格・支払い方法・場所・プロモーション

居酒屋経営にあたって、価格は、仕入れ原価や家賃・人件費などをふまえてオーナーが設定できますが、料理・サービスの品質に見合った価格でなければいけません。
また、支払い方法についても、お客様の利便性にこたえるか、こたえないかでやはり影響はあります。
自分の居酒屋でそのような支払いをされる方が多いかどうかを見極め、導入していくのも必要かと思います。

次に場所ですが、やはり駅の近くなどアクセスに便利な場所は有利です。
しかし、アクセスがいいからそこにお店をという考えだけではなく、隠れ家的なお店だと、アクセスが悪い方が雰囲気がでるかもしれません。

最後にプロモーションです。
来店して頂くには、まずお店の存在を知ってもらわないといけません。
その方法として、広告に掲載したり、インターネット、看板など方法はたくさんあります。
自分の店舗のターゲットを考え、どのプロモーションが効果的なのか考えたうえでおこないましょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ