居酒屋開業を成功させよう

居酒屋メニュー

コンセプト・ネーミング・ウリ

お客様に喜んでいただけるようなメニュー開発は必要です。
このメニューがなぜ看板メニューとなったのか、どうしてお客様に食べて頂きたいのか、しっかりとしたコンセプトとを語ることができるメニューを考えてみましょう。
お客様が、そのメニューを食べたくて来店されてるかは、メニュー表を見ずに注文するかです。
ぜひ、常連さんになって頂いて喜んでいただけるようなメニューを開発してみましょう。

コンセプトを考えたら、ネーミングです。
お客様に店舗名を覚えていただくのと同じように看板メニューも覚えてもらえるように考えてみましょう。

次にウリです。
ウリはネーミングと合わせて必要です。
ネーミングから、ストーリーが見えるような感じです。
ここだけでしか食べれないものを食べているという幸せを感じていただけるようなウリになるポイントを見つけ出しましょう。

見た目・価格・演出

お客様は、料理の見た目・盛り付けなども評価しています。
メニュー表に写真を載せる場合は、お客様も想像できますが、看板メニューについてはあえて写真を載せないで、お客様にワクワク感を楽しんでもらうのもいいでしょう。

看板メニューの価格も大切です。
美味しいことはもちろんですが、お客様が頼みたくなるような価格設定にしないといけません。
店舗のメニューの価格平均よりも少し高めの設定がおすすめです。
ちょうど、中間くらいの設定だと数あるメニューに紛れてしまいますし、高すぎると注文するのに気が引けてしまいます。
平均価格より少し高めの設定であれば、満足度でのカバーは十分できます。

最後は演出です。
入口の看板などで看板メニューの完成写真ではなく、素材や雰囲気の写真でお客様に見ていただきましょう。
あとは、スタッフが、どうしてこのメニューが看板メニューなのかをコンセプトを理解してお客様へ配信することが大切です。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ